丸田病院トップページ > 腹腔鏡手術による婦人科疾患治療

腹腔鏡手術による婦人科疾患治療

腹腔鏡を使用した手術について

腹腔鏡手術はお腹の中(腹腔)を観察する内視鏡の事です。おへその近くに1cm程度の小さな穴を開け、そこから筒状の器具(外套管)を通しその管から内視鏡を挿入します。
これにより、開腹手術に比べ術後の痛みが少なく、早期退院・早期社会復帰しやすいといった利点があります。

腹腔鏡のシステム

腹腔鏡手術の長所と短所

■長所

■短所

当院での腹腔鏡適応疾患

■子宮筋腫

温存希望の場合は子宮筋腫核出術、根治希望の場合は子宮摘出術。大きさや個数での制限は、当院では特にありませんが、手術時間や合併症リスクをご理解いただいたうえで実施します。

■卵巣腫瘍

腫瘍の性状、年齢などにより、腫瘍のみ切除の場合もあれば、卵巣も一括切除の場合もあります。

■子宮内膜症

月経痛や不妊治療、慢性骨盤痛に対する病巣切除や、チョコレート嚢腫治療、子宮内膜症治療(異所性も含む)

■子宮腺筋症や子宮頸部異形成などに対する根治手術

腫瘍の性状、年齢などにより、腫瘍のみ切除の場合もあれば、卵巣も一括切除の場合もあります。

腹腔鏡下手術(婦人科領域)実施医療機関

H27.8月現在 都城市では丸田病院のみ実施しております!

腹腔鏡下手術(婦人科領域)実施医療機関 都城市では丸田病院のみ実施


Pagetop